料理研究家 若のブログ

料理と食育の研究

日本人と欧米人の違い

みなさん おはようございます♪

料理研究家の若です(^^)/

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

我々日本人は長い間、米をはじめとする穀物、野菜などの草食系の食べ物から

生きるために必要な栄養を摂って生きてきました。

これは穀物や野菜には繊維質が多く含まれていることから、それを分解して

吸収しやすい物質に変え、エネルギーとして利用するためには

どうしても長い腸が必要になり、現在の平均的な腸の長さが9mになっています。

 

 

一方で、欧米人の場合は平均の腸の長さは5~6mとなっています。

腸が短いのは肉食系を中心とした食事をしてきたことによります。

肉類に含まれるタンパク質や脂質は、腸内で腐敗、酸毒化しやすく、

もし欧米人が、日本人並みの長い腸を持っていたら、その分長時間、

毒素や老廃物が腸に滞留してしまいます。

 

つまり、肉食には短時間で消化・排泄できる短い腸の方が

都合が良いと考えられます。よって、肉を食べている歴史が浅い日本人は

穀類の何倍も消化時間のかかる肉類、動物性タンパク質の消化に慣れておらず

分解処理もスムーズにはいきません。

 

そのため、長い腸にたくさんの酸毒化した老廃物を残し、

その毒素が腸の毛細血管から吸収される結果、血液を汚し、その血液が

細胞や組織を劣化させて、いろんな病気を発症させてしまう可能性があります。

 

戦後、肉が中心の欧米食が普及するに伴い、日本人には戦前めずらしかった

大腸ガンが現在に至るまで増え続けるのも、無視できない事実になります。

 

ただ、脳の活性化や内臓が健全に機能するために有効な栄養素の中には

動物性食品にしか含まれていないものもあり、肉食が推奨されることがあります。

 

 

しかし、あらためて腸の長さの違いを認識し、日本人には肉食を摂ることによる

健康問題発生のリスクが、欧米人よりはるかに高いということは

覚えておいた方が良いですね。