料理研究家 若のブログ

料理と食育の研究

便利な組み合わせ 包丁の種類

みなさん こんにちわ♪

料理研究家の若です(^^)/

 

room.rakuten.co.jp

 

包丁は大きく分けて、和包丁と洋包丁に分かれますが、

その中でもいろいろな種類があります。

 

とくに和包丁では、切る食材ごとに種類があると言えるほど

非常に多くの種類に分かれています。

出刃包丁は、魚を骨ごとおろせますが、刺身を引くには刺身包丁という

全く形状の違う包丁があります。

さらに、魚の種類ごとに様々な種類が用意されているなど

専門に特化した包丁になっているのが和包丁となります。

 

 

一方、洋包丁の種類はそれほど多くはありません。

和包丁と比べると、形状はほとんど同じで、サイズが違う程度になっています。

基本は牛刀があればオールマイティに使えると考えて良いと思います。

 

牛刀と共に万能なのが三徳包丁ですが、これは戦後の日本に、洋食文化が

本格的に入ってきたときに、和包丁の菜切り包丁と、洋包丁の牛刀を

合わせたような万能包丁として登場したものになります。

 


包丁 牛刀 180mm 藤次郎 藤次郎作 37層ダマスカス鋼 V金10号 ステンレス 墨流 6寸 燕三条 日本製 刃物文化の宝 鋭い切れ味永続き

万能性という意味では、牛刀も三徳包丁もほとんど同じように使えます。

しいて言えば、野菜を切ることが多いようであれば三徳包丁を、

先端が鋭角な牛刀は、肉の筋切りがしやすいといった程度の差となります。

 

 

三徳包丁が1本あれば、たいていの食材は切れますが、野菜の皮むきや

細かい作業をするのには、ペティナイフが便利です♪

 


GLOBAL 包丁 小型 ペティナイフ 13cm ◆ 薄切り スライス 皮むき 日本製[ グローバル 小型 ペティナイフ GS-3 刃渡り13cm ]

刃渡りは12~15センチ程度なので、扱いやすく細かい作業がしやすいです。

ご家庭では、それほど大きいものを切ることは少ないと思いますので

大半の方は三徳包丁+ペティナイフ1本で片付けられますが、

魚をさばくことが多い方は、+出刃包丁があればさらに便利だと思います♪

 


包丁 出刃 165mm 藤次郎 藤次郎作 安来鋼白紙2号 鍛造 朴木柄 業務用 本職用 プロ用 噛み付くような切れ味