料理研究家 若のブログ

料理と食育の研究

縁の下の力持ち【みりん】

みなさん こんにちわ♪

料理研究家の若です(^^)/

 

みなさんのご自宅にも必ずありますよね♪

素材の旨さを引き出してくれるみりん(^^)/

 

 

日本独自の調味料なんです!

みりんの魅力は、食欲を増進させてくれる豊かで上品な甘みですよね♪

 

我が家ではみりんと言えば、三河のみりん!

煮物には砂糖よりみりん派です♪

おいしい和食作りに欠かせませんよね!!

 


三州三河みりん(1800mL)【pickUP】【三州三河みりん】

 

みりんの効能:

1)食欲増進

2)便秘改善

3)素材の旨味を引き出す

 

じつはそのまま飲める珍しい調味料になります。

もち米に米麹と乙類焼酎*1

と合わせて発酵、数か月熟成させることで、生まれる味わいなんですね♪

 

甲類焼酎も参考までに♪*2

 

 

アルコール分は14%と実は高いので、そのまま調理するとアルコールの匂いが

鼻につきます。調理の際は、しっかり煮切って使いましょう♪

 

 

置き換えダイエットには、玄米麹スムージー

*1:乙類焼酎は、かつては「旧式焼酎」と呼ばれていました。蒸留は単式蒸留機で行われ、アルコール度数は45%以下のものです。蒸留の仕組みが非常にシンプルなので、焼酎乙類はアルコール以外の香味成分も抽出され、それが原料独特の風味や味わいになります。原料の風味が生かされるので原料は非常にバラエティに富んでおり、米、麦をはじめさつまいも、そば、黒糖などが使われています。本格焼酎とも呼ばれており、特にロックやお湯割りでは焼酎本来の味わいを楽しめます。

*2:甲類焼酎は、かつては「新式焼酎」と呼ばれていました。文字通り、伝統的な焼酎に対して「新しい」焼酎という意味です。乙類との一番大きな違いは連続式蒸留機で蒸留を行なっていることです。
原料を糖化し発酵して生まれる醪(もろみ)は数本の蒸留塔に連続的に供給され、蒸発、分縮、還流という複数の作用により高純度のアルコールが取りだされます。これは単式蒸留機で何度も蒸留を繰り返すことと同じ原理です。
こうして抽出された焼酎甲類は無色透明でピュアなクセのない味わいが特徴です。
ピュアでクセがないからこそ、その楽しみ方も酎ハイやサワー、お湯割り、カクテル、果実酒、薬用酒と...無限に広がります。もちろん本来のすっきりした味わいを楽しむロックもおすすめです。他には、糖質、脂質がゼロ、翌日の酔いざめが良いという、うれしい特徴もあります。また、アルコール度数は36%未満に規定されていますので、誰にでも気軽に楽しんでいただける焼酎です。