料理研究家 若のブログ

料理と食育の研究

包丁の手入れにはご注意を! 

みなさん おはようございます♪

料理研究家の若です(^^)/

 

room.rakuten.co.jp

 

包丁選びの際に、手入れの簡単さを重視して、オールステンレスモデルの

包丁を選ぶことが多いとされています。

これは、刃と柄が一体になっているので、丸洗い出来て衛生的と

言われているからですね。ただ、ご家庭で利用する包丁はほとんど丸洗いでき、

手入れの面では実は大差ありません。

 

 

最近では、食洗器の普及で、包丁も食洗器に入れてしまいがちですが

これは避けた方が良いです( ..)φメモメモ

ごく一部には、食洗器対応の包丁もありますが、そのように明記されていなければ

避けた方が無難です。

 

なぜなら、ハンドルの部分が木製の柄のものは割れてしまう可能性があるからです。

水分に強い強化木を採用しているモデルでも、食洗器の高温と冷却による

温度差で劣化がはじまり、急に割れてしまうことがあるのです。

 

オールステンレスの製品でも、実はほとんどが推奨されていません。

食洗器はすすぎ水を循環させて、食材汚れの塩分、酸、アルカリ、洗剤成分を

絶えず噴射し続けて洗浄します。そのうえ高熱による乾燥を行うことから

ステンレスであっても錆びや腐食の発生を引き起こすことがあります。

むしろ、柄の部分よりも、刃に影響を及ぼす可能性が大きいです。

 

 

安価な使い捨ての包丁ならともかく、高価な一生モノの包丁を選ぶなら

食洗器の使用は避けることを推奨します。

 

日常の手入れは、汚れたらすぐに洗って、すぐに水分の拭くというだけで

十分な手入れになります♪