料理研究家 若のブログ

料理と食育の研究

フライパンの素材

みなさん こんにちわ♪

料理研究家の若です(^^)/

 

room.rakuten.co.jp

フライパンを素材で見るときは、こびりつかないノンスティック加工品と

加工無しで素材そのままのものに分かれます。

 

 

加工されているものは、油を使わなくても焦げ付かないので、

後の手入れも楽なので、多くのご家庭で利用されています。

一般的には、フッ素樹脂加工されたもので、テフロン加工とも呼ばれています。

(テフロン加工はデュポン社の登録商標です)

 


【直火専用(IH不可)】 T-FAL (ティファール)サンライズ・プレミア フライパン 28cm調理用具 フッ素樹脂加工 テフロン ギフト プレゼント

 

この加工されたフライパンの魅力は、なんといっても使い勝手の良さ。

火加減を誤って焦げ付かせることも少なく済みますし、失敗を避けられます。

 

 

ここからが特にお伝えしたいこと!!

基本的には弱火~中火まで、強火は使えません( ..)φメモメモ

強火で使ったり、空焼きしてしまうと、加工がはげてきてしまうからです!

あわせて、フライ返しなども加工を傷つけない材質のものを使う必要があります!

つまり、中華料理など強火で炒めて作る料理にはちょっと物足りないんです・・・

 

一方、加工のされていないフライパンはというと、一般的には鉄製のものです。

鉄は油馴染みが良く、熱源を選ばず、高温にも強いです。

使い初めに油を馴染ませる必要がありますが、慣れてくれば

焦げ付かせることもなく使えます。また、もし焦がせてしまっても

磨いて手入れができるので、末永く使用できます♪

男性で料理される方は、こちらの方を好まれるのではないでしょうか?

 


【 あす楽 (代引除く) 送料無料 】デバイヤー ( de BUYER ) 鉄クールハンドルフライパン 5130.28 28cm ※ IH対応 IH (100V/200V)とガス火対応 業務用 ADB0303

 

他にも鋳鉄、ステンレス、アルミがありますが、いずれも油を馴染ませてから

使う必要がありますが、高温でも使えて、加工がはがれる心配もありません♪