料理研究家 若のブログ

料理と食育の研究

食欲がない【体のサイン】

みなさん こんにちわ♪

料理研究家の若です(^^)/

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

食欲がなくなる時ありますよね?

時には食べないことが体を整え、治癒につながることがあります。

 


食欲の科学 食べるだけでは満たされない絶妙で皮肉なしくみ【電子書籍】[ 櫻井武 ]

家族が病気の時には、誰もが栄養のあるものを食べさせて

元気にさせると思います。

ところが、実はこれが、体の回復を遅らせることもあるんです。

 

 

病気の時には、食欲がなくなります。

これは、病気を回復させるため食べないで!という体からのサインになります。

 

風邪などを早く治すには、体の中のエネルギーを、食べ物の消化吸収に

使うのではなく、自然治癒力にために総動員させましょう。

そして体が回復に向かうと、自然に食欲が出ます。

 

そもそもウィルスに直接効く薬は見つかっていないんです。

ウィルスは40度近くになると、活動を停止、または死滅します。

反対に白血球(免疫力)は、体温が上がると戦闘モードに入ります。

風邪の時に、発熱するのは体がウィルスと闘っているという状態を意味します。

 

よって、解熱剤を服用するとかえってウィルスは元気になってしまい、

免疫力が働かなくなってしまいます。体は楽になったけど、

風邪がなかなか治らないということが起きるのも、そんなワケがあったのです。

 

 

こうして体が弱っているときは、水・お茶(ノンカフェイン)などの

水分をとにかくしっかり摂って、あとは十分な睡眠と安静を心掛ることが

体を癒す最短距離になります。