料理研究家 若のブログ

料理と食育の研究

【体内酵素】

みなさん こんにちわ♪

料理研究家の若です(^^)/

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

食育を研究していると、食べ物から酵素を摂ることの大切さに気付かされます。

 


子どもの病気は食事で治す 体質と発達にあわせた食養生と酵素食 葉子先生の育児本/内山葉子【1000円以上送料無料】

酵素(エンザイム)は、食べ物の消化や吸収、代謝、排泄など、体の働きに

なくてはならない物質です。人間だけでなく、動物、植物をはじめ、

生きているものは全て、酵素によって生命を営んでいると言えると思います。

 

 

一押しの玄米や、旬な野菜、良質な発酵食品には、酵素がたっぷり含まれています。

 

食べ物に多く含まれる酵素を取り入れるほか、人は体の中に

たくさんの体内酵素を持っています。

 

この酵素が少なくなると病気になりやすくなり、酵素がなくなることは

寿命が尽きることを意味します。

 

日本で肉類が一般化されたのは、明治時代以降で、家庭に出回るようになったのは

戦後の1950年代、経済成長に伴ってとなっています。

肉食民族とは消化管の長さが違うことも触れてきましたが、

肉に限らず、日本人にとって、消化吸収に慣れない食べ物は、

代謝の為に多くの消化酵素を奪うと考えられます。

 

 

ただ、現代栄養学では、酵素についてあまり触れられていません。

人間を分析すると、水分・タンパク質・脂肪炭水化物(糖質)に分けられますが、

タンパク質、脂肪、炭水化物の三大栄養素のみをバランスよく摂取するという

理論になっているので、このブログでは、引き続き酵素について

触れていきたいと思います♪