料理研究家 若のブログ

料理と食育の研究

原因いろいろ【不眠】

みなさん おはようございます♪

料理研究家の若です(^^)/

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 


食生活・食育ランキング

 

睡眠時間には個人差があります。

日本人の平均睡眠時間は7時間程度ですが、

3時間の睡眠で十分という人もいれば、10時間必要という人まで

本当に様々です。

 

 

平成25年国民健康・栄養調査によると、

睡眠の質に関して、男女とも『日中に眠気を感じた』という人が多く、

『睡眠時間が足りない』と30代男性・20代・40代の女性の約4割の人が

回答しています。

 

不眠の原因はいろいろですが、目がさえて眠れないという神経性不眠が一般的です。

これは、睡眠に向けて、副交感神経が優位になろうとしているタイミングで、

神経や精神の強い緊張が続き、本来は活動時に働く交感神経が優位になったことで

起こる不眠です。

 

また食べすぎや空腹感が強いと寝つきが悪くなることがあります。

とくに寝る直前に食事をすると、寝つきが悪くなるだけでなく、

消化不良による胸やけや、胃のもたれなどで眠れなくなることがあります。

 

就寝前に食事を摂る際は、脂肪を多く含む食べ物は控えましょう。

これは消化に時間がかかるため、不眠につながることがあるからです。

 

 

不眠の解消につながる食事として、肉や魚、乳製品など、

動物性タンパク質の摂取があげられます。これらには必須アミノ酸である

トリプトファンが多く含まれています。このトリプトファンは脳内の

神経伝達物質のひとつ、セロトニンを合成し、その働きによって

精神を安定させ、睡眠の質を高めてくれます。

 

食事のほかには、眠れないことを意識しすぎないこと、リラックスすることも

大切です。ぬるめのお風呂にゆーっくり浸かるなどがおススメです♪

 

 

ただし、入浴障害、中途覚醒早朝覚醒、熟眠障害などが

1か月以上続き、日中に倦怠感、意欲低下、集中力低下、食欲低下などの

不調が出た際は、不眠症という病気が疑われますので、

早めに専門医に相談することが必要です。