料理研究家 若のブログ

料理と食育の研究

食べて治せる!?【冷え性】

みなさん おはようございます♪

料理研究家の若です(^^)/

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 


食生活・食育ランキング

 

冷え性】は昔から、日本の女性に多い症状ですよね。

20歳前後や更年期の世代では、およそ3人に1人は冷え性

悩んでいるといわれるほどです・・・

 

 

とくに、腰・下腹部・背中・手足の先や関節に冷えを感じますが、

一か所だけでなく、同時に数か所起こることもあります。

 

冷えの程度は、人によって様々ですが、ひどくなると

腰痛・下腹部痛・めまい・立ち眩みなどが起こることも・・・

 

冷え性の原因としては下記があげられ、全身的な生理作用の低下が

直接、または間接的に影響していると考えられます。

・消化吸収の低下

・貧血

・ホルモンや自律神経の変調

 

冷え性が直接の原因となって、重い病気になることはほとんどありませんが

改善すると良くなることがたくさんあります( ゚Д゚)!!

・血色の良くない肌の改善

・低血圧

・頻尿

 

そこで、今日は食材の観点から、冷え性を分析してみたいと思います。

 

冷え性を改善するには、何といっても体を冷やさないこと!

 

キュウリやナス、ピーマンなどの野菜を生で摂ると体を冷やしてしまいます。

また、ミカン、スイカ、柿も体を冷やします。

 

逆に体を温めてくれるのは

ゴボウ・かぼちゃ・ニンニク・ショウガ、ゴマなどになります。

 

この冬が旬のものや、北海道や東北の寒い地域で食べられている食材や

郷土料理が参考になります!

 


日本の味郷土料理めぐり [ 日本食生活協会 ]

 

反対に、夏が旬なものや温暖な地域で食べられている食材や料理は

体を冷やす結果になってしまうので、控えめにするのも1つの方法です。