料理研究家 若のブログ

料理と食育の研究

腸に大きな穴が開く!?【リーキーガット症候群】

みなさん こんばんわ♪

料理研究家の若です(^^)/

 

にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ
にほんブログ村

 

日本ではまだそれほど浸透していませんが、

LGS(リーキーガット症候群)別名【腸漏れ】と呼ばれる

腸の症状の1つになります。

 

 

聞いているだけで怖いですよね・・・

 

わかりやすく説明すると、様々な要因によって、

腸の絨毛表面を保護している粘膜に穴が開いてしまい、

通常であれば、体内に取り込まれることがない病原菌や

未分解タンパク質、有機物質が体内に侵入し、体内に漏れ出してしまっている

状態になります。

 

加えて、腸内での栄養吸収の仕組みがうまく機能しなくなるため

ビタミンやミネラルの吸収が滞り、体が慢性的な不調を抱えてしまいます。

 

【体のだるさが抜けない】

【風邪をひきやすくなった】

 

なんとなく体の不調が続く場合、もしかしたら腸が慢性的に

傷ついてしまっている可能性があります。

 

世界的な研究論文でも、

【食物アレルギー】

【心疾患】

【肥満】

うつ病と腸】などはリーキーガット症候群と関連していると報告されています。

 

 

ただ、リーキーガット症候群の直接的な原因は、

人間を対象にした臨床レベルではまだ明らかになっていません。

 

腸粘膜のコンディションの悪化が、全身の健康状態に与える影響に

今後ますます注目が集まることは間違いなさそうですね。