料理研究家 若のブログ

料理と食育の研究

日本で患者数の増加が懸念されている【セリアック症候群】

みなさん こんばんわ♪

料理研究家の若です(^^)/

 

にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ
にほんブログ村

 

今日は、日本で患者数の増加が懸念されている【セリアック症候群】について。

聞いたことがある方もいらっしゃいますが、どんな疾患なんでしょう??

 

 

小麦・大麦・ライ麦に含まれるたんぱく質グルテン】に対する

免疫反応が引き起こす自己免疫疾患の1つです。

セリアック病の方が、グルテンを含む食べ物を摂取すると、

人の消化酵素では分解できないグルテンが、分子量が大きいまま小腸内に

取り込まれてしまい、拒絶反応として免疫反応が起こり、

免疫系が小腸内の上皮組織を攻撃してしまい、炎症を起こしてしまいます。

それにより、栄養を取り込む役割をしている腸の絨毛の萎縮が起き、

水やミネラルの吸収障害を引き起こし、食べているのに栄養失調に

なってしまうのです。

 

 

もともとセリアック病が知られているアメリカやカナダでは、

近年の検査で、セリアックと断定できないものの、明らかに

グルテンに対して敏感な反応を示す【ノン・セリアック型】が注目されており

流通する小麦製品の多くが、グルテンをカットした【グルテンフリー】が

主流になりつつあります。グルテン過敏症は、米と小麦の流通量が逆転した

日本においても、今後患者数が増加するのではないかと懸念されている

病の1つになっています。