料理研究家 若のブログ

料理と食育の研究

これは知っておきたい!楽になれる!!【二日酔い】

みなさん おはようございます♪

料理研究家の若です(^^)/

 

にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ
にほんブログ村

 

やっぱり飲みすぎてしまうお酒・・・

百薬の長ともいわれますが、飲みすぎれば待っている二日酔い!!

 

 

二日酔いの定義や、診断基準は決まっていませんが

お酒を飲んだ翌日にも、まだお酒が体内に残っていて

頭痛・めまい・吐き気・食欲不振などが続く症状です。

 

僕もかなり経験しているので、今日はその緩和方法をお届けしたいと思います♪

 

まずは二日酔いが起こるメカニズムから見ていきましょう!

 

お酒はアルコールとして吸収され、肝臓に運ばれた後、アセトアルデヒドに分解され

酢酸になり、最終的には二酸化炭素と水になって無毒化されます。

肝臓でのアルコール処理能力が限界を迎えると、血中のアセトアルデヒドの量が

多くなり、脳をはじめとする各臓器に障害を与えます。これが酔った状態。

その障害の程度によって、二日酔いが発生します。

 

つまり体内のアセトアルデヒドを早く体外に排出することが

二日酔いの最善策であり、緩和策になります!

 

そのためには水をたくさん飲むこと!!!

血液中のアセトアルデヒドが薄まり、尿と一緒に排出されます。

またビタミンCは、肝臓の働きを助け、アセトアルデヒドの分解を早めます。

 

昔から、『二日酔いには柿』と言われますが、これは本当の話。

なぜなら、柿の中にはビタミンCに加え、肝機能を高めるアミノ酸の一種

システイン』や、ポリフェノールの一種で、渋みのもとになっている

『タンニン』が含まれています。タンニンには、

血液中のアルコール分を外へ排出してくれる作用があります。

お酒を飲む前や、飲んだ後に食べると二日酔いが和らぎますので

ぜひお試しください!!!

 

 

注意しておきたいのは、お酒を体から抜こうとして、入浴や運動をすること。

これは逆効果です。むしろアルコールの分解が遅くなります。

 

運動や入浴により、血液が筋肉に分散されるため、内臓に血液が集められず、

アルコールの代謝速度が遅くなってしまうからです。

また血液の循環が速くなることで、逆に酔いが回って平衡感覚が乱れるなど

予期せぬ事態を招いてしまう恐れがありますので、十分にご注意を!!!

 

みなさんの健康に幸あれ♪