料理研究家 若のブログ

料理と食育の研究

中華鍋 山田工業所

みなさん こんにちわ♪

料理研究家の若です(^^)/

 

room.rakuten.co.jp

中華鍋は通常、鉄板を型に押し当てて成型する方法で、

鉄板を機械にセットすれば、一瞬で鍋が出来上がります。

このプレス方式は、大量生産に向いています。

 

 

一方、山田工業所の鍋は、鉄板を何千回も叩く打ち出し式で

手で叩いていた頃は1日あたり数枚の生産量でしたが、

叩く機械を導入した現在でも生産量は限られています。

 

山田工業所は戦後からの復興著しい1957年に創業され、

初代社長がハンマーを振り、ドラム缶から鍋を作ったのが始まりです。

 


◎山田工業所 鉄打出片手中華鍋セット30cm 1.2mm厚お玉中・ササラ21cm・受け台付(北京鍋セット)529-06

打ち出し式の利点は、鉄は叩くほどに強くなることであり、

場所によって、厚みを変えられるため、熱の伝わり方が良くなって

強火で調理が可能になることです!

 

さらに、叩くことで、細かい凹凸が出来、焦げ付きにくくなります。

特に強い火力を使うことが求められる中華鍋は、この製法で作られたものが

最適となります♪

 

 

その良さが認められて、横浜の中華街では山田工業所の中華鍋を

非常に多くのお店が使っているそう( ..)φメモメモ

それでいて、大量生産の鍋よりは、高めにはなりますが、

価格は控えめとなっているので、僕みたいなアマチュアでも買える値段です♪

実際、ご家庭でも愛用されているケースは多いようです。